パソコン操作

ペーパーレス会議のメリットについて

操作中

クラウドを利用したペーパーレス会議は、会議の場で紙資料を使わずにタブレット端末等でシステム上にある会議資料を閲覧しながら進める会議のことを指します。企業による会議に利用されることが多くなっていますが、自治体等の議会などでも利用を進めているケースも増えてきております。クラウド型ペーパーレス会議のシステムは、社内にあるサーバーに資料を保存して利用することや、クラウド上に資料を保存して利用するサービスもあります。
クラウド型ペーパーレス会議のメリットと言えば、紙資料が不要であるため、紙の印刷物を準備しなくてよく、印刷にかかるコストや作業による負担を削減することができ、資源の節約につながります。また、特に膨大な紙資料を必要とするような会議の場合は、一度準備した資料に手直しが必要となると、改めて修正した資料を印刷する必要があります。このような紙の無駄と作業の無駄がを省くことができるものがペーパーレス会議なのです。
最近では、遠隔地との会議をWEB上で行うWEB会議が広まりつつありますが、WEB会議の画面上に会議資料を載せることにより、画面上で資料共有を行いながら会議を進めるやり方もでてきております。このようなやり方など、ペーパーレス会議の普及は広まってきています。

CONTENTS

TOP